2007年02月20日

3本目にして気づいた ←遅すぎ

宴会みたいだったセルゲイ@山梨からあっという間に一週間。

四国シリーズも終わった今となっては
(っていうかライブ見てうどん食べに行きたかった・・・)
ネタバレかくのもはばかられる時期となっており。

極めて個人的(最近そんなんばっか)なツボをばひとつ。

それは「狂詩曲」のこと。

そりゃあ集いの時、
先に東京1日目に讃歌してたゴス友さんから
「『熱帯夜』みたいでもっと熱〜い曲がありました!!」とメールをもらい、
東京2日目に初聴きして体内アドレナリン駆け巡り、
過去2本のセルゲイでも熱狂してたはずなんですけど。
↑前置き長い

こんなフリあったんだ・・・。

と気づいたのは曲のラスト。
5人が5人、舞台上に跪いて腰をクィッとやったあと(なんか微妙な表現だな)
口元をぬぐうみたいな仕草があるじゃないの〜!!

正直、私には腰よりもそっちの方がヤバかった。
いやもうホントに「ごちそうさま」みたいな(笑)。

山梨の会場入りの前にゴス友さんたちとお茶をして、
「もし最前列だったらどうする?」という話が出たときに
「私、けっこう大丈夫かも。ガンガン見ちゃうよ♪」みたいな発言をしたんですが。

あっさり前言撤回。
最前列にいたとして
目の前であれをやられた日には絶対直視できない に5000点!(クイズダービー風にどうぞ)


・・・。何書いてるんですかね??私は。
posted by じろう at 01:23| Comment(5) | TrackBack(0) | The Gospellers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えぇっ、そんなフリがあったんですか!
私は「腰をクイッ」の時点でかなり爆笑していたから、見逃してしまったのかも・・・。
私も“絶対直視できない”に5000点!(笑)

「狂詩曲」の時は、イントロが始まって振り返った黒ポンのシャツのボタンが全開になっていたことがあまりにも鮮烈で、そのうえチラッ、チラッとシャツを開く度に笑いが・・・ごめん、黒ポン。
ちなみに私、この曲ではテッちゃんの♪Take it easy〜♪の部分が妙にキュン☆ときて、ピンポイント的に大好きです(*^−^*)
Posted by てる at 2007年02月20日 02:34
狂詩曲のときは、とりあえずK氏のボタン開けてるのを見て笑って(え?)
↑のてるさんと同じく、チラチラ見せるのを見て笑って(オイ)
そのあとはひたすらK山氏を見ている人です(笑)

っていうか、最前列のほうがまだ見れるかもしれませんよ?
前のほうだと、メンバーの視線が頭上を通過しますから
けっこう思いっきりガンガンと見れたり・・・あ。いや、でも、跪いてる時は
視線合う可能性もあるか?^^;・・・とりあえず、前過ぎるほうが
まだしっかりと見れるかもしれないな・・・というのが
先日8列目でまったく直視できなかった者の感想です(笑)
Posted by ユキ at 2007年02月20日 13:45
レス遅くなってごめんなさいm(__)m

☆てるさん
私もなぜかあの腰には笑っちゃうクチなのですよ〜。
だから「じゅる」の仕草(勝手に命名)には気がつかなかったのかも。
次回讃歌時にぜひご確認下さい。肉食獣って感じです(笑)。
私、いつもてっちゃん中心に見てるので実は黒ぽんのボタン開けにすら気づいてなくって・・・。
隣でゴス友さんが爆笑してるのも「なんで笑ってんだろ?」って思ってたのです。黒ぽんごめん。
「狂詩曲」の私的ピンポイントのツボは最後の方の♪ま〜いま〜い(mineのことか?)です!


☆ユキさん
結局、K氏は笑われがちってことね・・・(笑)。
FNSのときも(ユキさんも行ってたんだよね?)中途半端(暴言)にターンをしたK氏に笑ってしまったじろうです。

確かに最前だったら目線はあわないかも知れないけど、
ひざまずいた時はけっこうヤバいかも〜とか真剣に悩んでも
所詮最前列なんてありえないので杞憂です。
8列目で凝視できず。非常にリアルな感想だと思うなぁ。
Posted by じろう@ケータイ at 2007年02月23日 12:47
ほらほら〜〜
私は前から言うてますが、ほんと無理。いいです前なんか。
見てらんない乙女だもんっ(爆)
Posted by soy at 2007年02月25日 20:00
☆soyさん
そんな乙女なあなた様を最前列に配し、
おろおろしながらも酒井さんに手を振りまくる姿をその3列くらい後ろから眺めつつ、
ステージ上のてっちゃんを見つめる。
そんなポジションに一度なりたい(笑)。
Posted by じろう at 2007年02月26日 22:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。